ALUGO 申し込み

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ALUGOのお申し込み前に-後悔しない英語教材選び-

 

ALUGOのお申し込み前に-後悔しない英語教材選び-

 

短期集中の結果コミット型英会話トレーニング「ALUGO(アルーゴ)」。

 

申し込む前に、もう一度だけ考えてみましょう。

 

「本当にあなたにALUGOが必要なのか」。

 

 

↓ALUGOのホームページへ↓

成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】

ALUGOは値段が高い

 

ALUGOのお申し込み前に-後悔しない英語教材選び-

 

皆さんもご存じだと思いますが、ALUGOは値段が高い です。

 

受講にかかる費用は、2ヶ月で20万円近く。

 

 

これだけの金額があれば、いくら英語の本が買えるでしょうか?

 

英会話の教室に通うこともできます。

 

 

 

しかし、現在ALUGOは飛ぶように売れています。

 

 

その理由として「サラリーマン」という明確なターゲットがあるからです。

ALUGOはなぜサラリーマン向け?

 

ALUGOのお申し込み前に-後悔しない英語教材選び-

 

ALUGOの特徴は、スマホを使った教材ということ。つまり「いつでも学習できる」ということです。

 

会社に行く前。終業後。もしかしたら、お昼休みの間にレッスンを受けることだって可能かもしれません。

 

 

さらに、徹底した「短期集中型」のトレーニングだということです。

 

 

ALUGOは、2ヶ月間を目安に「ビジネス英語」を身に付けることができます。

 

 

一人一人に合ったカリキュラムで、より効率的に、無駄なく学習することができます。

 

 

具体的に言えば、英語が苦手な人には、日本語も話せるバイリンガルの先生と話すこともでき、分からないことは日本語で聞くことができます。

 

英語が得意で、ある程度まで話せる人は、どんどん英語の先生と話すことでスキルをより磨き上げることができます。

 

 

徹底した無駄のない学習法で、2ヶ月という短期間でビジネス英語を身に付けることができるのです。

ALUGOには30日間の返金保証がついている

 

ALUGOのお申し込み前に-後悔しない英語教材選び-

 

もしもALUGOを受講してみて

 

「こんなので英語が身につくわけがない!」

 

と思えば、返金を申請することができます。

 

 

30日間の返金期間を設けていることから、いかにALUGOが自社の英語プログラムに自信をもっているのかが分かりますね。

本気でやらなければ意味がない

 

ALUGOのお申し込み前に-後悔しない英語教材選び-

 

「ALUGOは高額」と最初に書きましたが、サラリーマンにとっては「時間」のほうが重要ではないでしょうか。

 

忙しいサラリーマンにとって、英会話教室にいくことは非常につらいことです。

 

土日も潰れますし、仕事終わりに「よし、行こう!」となるのは最初だけ。

 

通うことがつらくなってきます。

 

 

また、自習での英語の勉強にも限度があります。

 

 

教科書といくら「にらめっこ」したところで、英会話ができるようにはなりません。

 

 

もしそれで英会話ができるのであれば、世の中の高校生、大学生はみんな英語ペラペラでしょう。

 

 

「2ヶ月で結果を出すことができる」ことがALUGOの最大の強みです。

 

1レッスン25分であり、ちょっと空いた時間も英語の学習にあてることができ、ビジネス英会話の基礎が身についていきます。

 

 

ただし。

 

 

やる気が無ければ、ALUGOを使ったところでビジネス英会話は身につかないでしょう。

 

 

やるなら本気で!でなければ、お金を払った意味がありません。無駄になります。

 

 

 

本気で2ヶ月、ALUGOで効率的に英語に取り組めば、おそらく海外出張で困ることも少なくなるでしょう。

 

 

ビジネス英会話ができるのとできないのとでは、今後の出世にも大きく響いてきます。

 

 

 

ALUGOは決して安価ではありません。

 

しかし、本気で英語に取り組み、2ヶ月でビジネス英会話を取得する 意気込み さえあれば

 

 

ALUGOという「効率的な英語学習の環境」で、身に付けることも全く不可能ではありません。

 

 

 

本気で英会話がしたい人 には、是非ALUGOをおすすめします。

 

 

↓ALUGOのホームページへ↓

成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】

ALUGOが気になっている人へ

 

 

こちらの動画ではALUGOの説明が行われています。

 

ALUGOのyoutubeにある動画→こちら

 

ここでも「料金よりも結果重視の方」に向けて紹介されていますね。

 

こちらの動画で、ALUGOの大体のイメージがつかめるのではないでしょうか。
動画で紹介されているように、隙間時間で英語の学習ができます。

 

まずはアセスメントにて、現状の課題や目標を設定します。
そのアセスメントのテーマは、基本的にビジネスの会話となっているため、より実践的な英語力を測定することができます。

 

また、英語のコーチは世界各国のイングリッシュスピーカーです。
普通の英会話スクールで満足できていない方にも、ALUGOはおすすめできます。

 

投資対効果を最大限に高めた、ビジネスパワーの為の英会話教材、それがALUGOとなります。

ALUGOの特徴

ここからは、英会話モバイルマンツーマントレーニングのALUGOの特徴について具体的に解説します。

 

ALUGOの一番の特徴、それは「ビジネス特化の英会話」ということです。
ALUGOのホームページには、次のように書かれています。

 

ビジネスシーンに特化した、ビジネスパーソンのための、ビジネス英会話。
ここまでこだわったカリキュラムは、「必要とされている」ことを知っているからです。TOEICの指標を超えた、ビジネスの場面で通用するか、しないか。ALUGOレベル12段階のカリキュラムは、実用で評価されるあなたをサポートしてまいります。

 

ALUGO以外の英会話教材にもそれぞれ特徴がありますが、その多くは「喋ることができる」ことを目標とした英会話教材となります。
もちろん、それでも英語を話すことができるようにはなるでしょう。

 

海外で生活していくうえで知っておくべき単語、言い回しは、実は少ないと言われています。
高校までで習う英語を完全に習得し、話すことができれば、海外での生活には困らないのです。

 

しかし、ビジネスとなればそれは当てはまりません。

 

日本で考えてみましょう。
日本人であれば、日本語を話すことができます。
日常会話をすることなんて簡単でしょう。

 

では、日本人であればだれでもビジネスシーンで正しい言葉づかいをできるでしょうか?
普段使っている言い回しだけで、ビジネスでも通用するでしょうか?

 

おそらくしないでしょう。
「日本語が話せる」だけでは、ビジネスの成果では通用しません。

 

これは、英語にも当てはまります。
「英会話ができる」これは素晴らしい特技です。海外出張にも身構えることなく行くことができるでしょう。
海外赴任でもなんとかこなすことができるでしょう。

 

しかし、海外での会議となると…?
知らない単語、知らない言い回しもたくさんでてきます。
普段英語を使っている人でも理解ができない場合だってあるでしょう。

 

仕事/ビジネスの世界は厳しいものです。
だれでも簡単に入れるものではありません。

 

一般的な英会話教材では、英会話を学ぶことはできても、ビジネス英会話を学ぶことはできないのです。

 

その点、ALUGOならばどうでしょう?
ALUGOは先ほども言ったとおり、ビジネス英会話特化の英会話教材となります。
一般的な英会話教材とは「目標地点」が違うのです。

 

また、英語を学ぶという点では、英語の教科書を買って独学で頑張る、英会話教室に通う、といった選択肢もあります。
しかし、そのどちらも、ビジネスマンにはあまりおすすめできません。

 

まずは、英語の教科書を買って独学で頑張る場合を考えてみましょう。

 

「まずは英語の基礎から。文法から学んでいこう!」
すごくいいことだと思います。
「母国語が英語の人は、英語の文法は分からない」なんて言われていますが、私たちは日本人です。
母国語は「日本語」。英語ではありません。

 

そのため、母国語が日本語であり、すでに習得しているというメリットを最大限に生かした「文法学習」は、私は否定しません。
むしろ、いいことだとさえ思っています。

 

しかし、独学、独習で学ぶとしても…継続できるでしょうか?
また、習得、ものにできるにはいつになるでしょうか…?

 

本を読みながら英会話を習得するのは難しいと言えます。
まず、読むだけでは「英語」の知識はついても「英会話」はできるようにはなりません。
CDやDVDで学習した場合でも、イントネーションなどを学べる程度です。

 

英会話は、相手がいて成立します。
相手との英語での掛け合いが「英会話」なのです。

 

相手がいない、独学の英会話勉強は、正直非効率だといえます。

 

であれば、英会話教室に通うのはどうか?ということですが、それも一つの手段としてアリだと思います。
実際に母国語が英語の方であれば、英語で話すだけでも実りの多い英会話トレーニング、英会話レッスンとなるでしょう。

 

しかし、現実的にそれは可能でしょうか?

 

仕事をしている人にとって「英会話スクールに通う」というのは、案外難しいことではないでしょうか。
仕事終わりに行こうにも、もうすでに英会話教室はしまっていたり、休みの日に行こうとしても、近くの英会話教室は空いていなかったり…。
もしも通えるのであれば、面と面を向かってマンツーマンで話すことができる英会話教室もいいでしょう。
しかし、なかなか難しいのが現実です。

 

また、先ほども言ったように、ビジネス英会話と普通の英会話は違います。
仕事で使う場合は、ビジネス英会話を学習するべきでしょう。

 

結果的に、英語の教科書での独学や英会話教室は、サラリーマンにはあまりおすすめできない、といことになります。

 

サラリーマンであれば、一番欲しいのは「時間」ではないでしょうか。
教科書での独学では、英会話習得までに時間がかかる。
英会話教室では、行く手間もあり、好きな時間に行けるわけでもない…。

 

そういった意味では、ビジネス英会話に特化し、いつてもモバイルを通じて学習できるALUGOをおすすめします。

ALUGOのコンセプト

電話でいつでもどこでも学習できる!

 

ALUGOは、携帯電話、スマートフォンがあれば、いつでもどこでも英会話の学習ができます。

 

例えば、会社の休み時間。
50分の昼休み、お昼休憩のある会社であれば、その間の15分だけ英語学習の時間にとることだって可能でしょう。
お昼ご飯を早めに食べ、ALUGOで英語の学習をして、少しゆっくりしてから仕事開始!なんてこともできます。

 

また、ALUGOであれば、家でくつろぎながら英会話の学習をすることもできます。
家でぱじゃまでまったりとしているときに、スマートフォンを使って英会話学習。
そんなことだってできるのです。

 

英会話教室では、そんなことはできません。
英会話教室であれば「英語をするぞ!」という気分の切り替えができる点では良いと思います。
しかし、突然の予定、予測のできない事態には弱い。それが英会話教室のデメリットです。
ALUGOでは、空いた時間、いつでも英会話の学習ができるため、英会話学習の時間を必然的に伸ばすことができます。

 

アルゴリズムメソッド

 

ALUGOは、経験アプローチではなく論理的アプローチを採用しています。

 

経験アプローチ

経験アプローチはつまり、繰り返し英語を聞くことによって学ぶ方法となります。
母国語が英語の人は、おそらく経験アプローチにて英会話を習得するのでしょう。

 

しかし、私たちは母国語が英語ではありません。
「経験アプローチは効果が無い」というわけでは決してありませんが、すでに習得している日本語を使うことで、より効率的にビジネス英会話を習得することができるのです。
それがALUGOが推奨している「論理的アプローチ」です。

 

論理的アプローチ

論理的アプローチは、文法を学ぶことで英会話を習得する方法です。
簡単に言えば、これまで私たちが中学校や高校で習ってきたような方法です。

 

しかし、中学校や高校で習った方法では英会話が身につかなかった…そういった方もいらっしゃるため、ALUGOの「論理的アプローチ」に否定的な方もいるのではないかと思います。
確かに、それは仕方がないことかもしれません。
実際、中学、高校とたくさんの時間を英語学習に費やしてきたのに、英会話ができない人はたくさんいます。

 

ALUGOでは、経験アプローチではなく論理的アプローチを採用しています。
その理由として。論理的アプローチは「応用ができる」からです。

 

文法を学び、英語を論理的に考えることで、英語の骨格を知ります。
英語の骨格が分かれば、あとは肉づけを行うだけ。
環境や相手の違いによって多少違いは出てきますが、英語の基礎が理解できていれば、応用することによって英会話をすることができるのです。

 

中学、高校で英会話ができなかった!という人も、是非一度ALUGOを利用してみてください。
中学や高校で習ったのは「英語」であり、「英会話」ではありません。
ALUGOではさらに「ビジネス英会話」を学ぶことができます。

 

また、ALUGOでは英会話をspeakingで学びます。
ALUGOは学校で習うような「書く」「聞く」よりも「話す」ことに重点を置いています。
話すことができるようになれば、英語を聞き取ることもできるようになります。

 

さらに、ALUGOでは日本語での英会話学習にも対応しています。
英語が苦手な人の場合、すべてを英語で学習するのに抵抗がある人もいるでしょう。
なかなか聞き取れず、あきらめてしまう…。
そういうことにならないよう、英語のみの学習だけでなく、日本語による学習も取り入れているのです。

 

一人一人に合ったカリキュラム

 

ALUGOでは、最初にまず「英会話のテスト」のようなものを行います。
TOEICも、英語力の指標となりますが、重要なのはあくまで「英会話力」。
TOEICでは英会話力は身につかないのです。

 

ALUGOでは最初にあるテストによって、今の自分の英語力、現状を知り、さらにはトレーニングにさける時間を加味し、あなたにあったカリキュラムを組みます。
さらに、ALUGOには「グレード」という概念、考え方があります。

 

グレードは、簡単に言えばあなたがどれくらいの英会話力を持っているか、その指標、目安となるものです。
このグレードを一つずつあげていく、つまりは階段を一段ずつ登っていくことにより、着実に英語を体に染みつかせることができるのです。

英語の必要性

最近では、グローバル企業が増えてきましたね。
国際的なコミュニケーション、世界規模の考え方がだんだんと必要になってきています。
語学能力に関しては、新規の雇用、登用や転職、あるいは昇進にも、大きな影響力を持ってきました。
社会貢献をする際にも、外国語能力は必須といえます。

 

どの会社に行っても、英語力、英会話力は必須といわざるをえません。
いつまでも「英語は苦手!」といって逃げていても、その先に進むことができません。

 

実際、英語のコミュニケーションができる人とできない人とで、一生で稼ぎ出す金額は大きく違うというデータを見たことがあります。
また、男性だけでなく、女性でも英語が必要な場面はどんどん出てきていますよね。
海外出張は男性だけのものではありません。
女性も社会進出をしてきました。海外赴任、海外出張だってあるでしょう。

 

また、英語ができることで、仕事に幅がうまれます。
事務職でも、海外からの電話に対応することだってできるようになるでしょう。
プログラマでも、書記でも、秘書でも。どういった仕事であっても、仕事の幅は広がります。
そうなれば、貰えるお金も大きく違ってきます。

 

英語ができるということは、大きなメリットであり、デメリットなど一つもありません。
英語を学んで損をする、なんてことはまずありえないでしょう。

 

しかし、英語をどこで学べばいいのか…それはなかなか難しいことだと思います。
毎日仕事で忙しい勤め人にとって、時間をとって英語を学習するなんて、なかなかできることではありません。
あらゆる無駄を省き、がんばって時間を捻出しなければいけないのです。

 

私の会社でも、英会話学習が必須となりましたが、それは仕事の時間にさせてもらえる、というものだったため、まだ助かりました。
しかし、私の知り合いは「自己啓発」ということで、休みの日に英会話教室に強制的に行かなければならない…そんな人もいました。

 

新入社員の研修でも、英語会話力の学習が導入されてきましたよね。
講師さんを会社に招き、英語でのコミュニケーションの練習をする。
そういった会社も本当に多くなりました。

 

そういった環境で、英語の学習をしなければどうなるか…。
新入社員は英語が話せるのに、上司は英語が話せない…。
海外での業務は新入社員にまわされる…。
これは本当に恥ずかしいことだと思います。

 

中には「海外勤務がなくなった!やった!」と思う人もいるかもしれませんが、そう思ったのであれば、その新入社員にいずれ頭を下げることになるでしょう。
英語ができる人とできない人。他の業務が多少できるとしても、会社が選択するのはどちらでしょう…?

 

ちょっと前までは、英語が話せることが「特別な力」でした。
英語が話せれば、給料は一気に上がる。そういった特別なスキルとして重視されていました。
しかし、現在は「特別」でもなんでもありません。
持っていなければいけない力なんです。

 

もしもまだ英語学習を始めていない人がいたら、まずはとりあえず始めてください。
始めるものは、ALUGOでも、そうでなくても構いません。
まずは一歩踏み出すことが重要なのです。

 

従業員の場合は、これまでオススメしている通り、私はALUGO一択だと感じています。
費用はどうしても掛かってしまう…それは仕方がありません。
しかし、英語が話せるようになった際、あなたの給料はどうなるでしょうか?
下がることはまずありえないでしょう。
むしろ、上がることのほうがよっぽどあり得ます。
また、仕事の幅もグンと広がります。

 

活動の幅が日本だけに収まらなくなりますから。
アメリカにだって、イタリアにだって、インドにだって。どこにでもいけます。
もちろん、英語だけでは難しい、なんて国もありますが、会社のある地域であれば、英語があればことたりることが多いと思います。
英語以外の言語が必要な場合はほとんど通訳さんがつくと思います。

 

まずはALUGOを始めてみてください。
どんなに英語ができない人でも、2ヶ月後にはある程度のレベルまでは英会話レベルが引き上げられると思います。

 

ただし、上述しているように、ALUGOによって絶対にビジネス英会話ができるようになる、とはいえません。
あくまであなたのやる気次第。ALUGOは英語を勉強する「環境」でしかないのですから。
希望や夢を抱くだけでは、なにも達成することはできないのです。

 

その環境で、英語ができるようになるかどうか。それはあなた次第です。

 

是非、英会話ができるようになったところを想像し、ALUGOに挑戦してみてください!

 

ALUGOの流れ

 

ALUGOを始めるにしても、まずは流れを知っておかなければ手を出しにくいと思います。
ここでは簡単な流れを紹介します。

 

ALUGOの専門Webサイトにログイン!そこから「トレーニングを始める」を押します。

 

数分後に、ALUGOのコーチから着信があります。

これは、基本的には1〜2分でかかってくるものとなります。

 

前回のトレーニングの復習として、数問コーチから質問があります。
その後、今回のトレーニングに移行します。

 

トレーニング全体の総括を行います。

 

基本的にはこのような流れとなります。
ALUGOが初めての場合、最初に進め方の説明なども入りますが、基本は同じです。
こういった流れで2ヶ月間、英語の学習を行います。

 

最近では、企業でALUGOを利用している会社も増えているそうですね。
また、カフェテリアプランに入っており、自己啓発として学習できるなんて会社もあるそうです。

聞き流しによる英会話力の上昇

一時期、聞き流すことによる英語学習も流行りましたよね。
しかし、最近ではめっきり見なくなりました。…どうしてでしょうか?

 

といっても、答えは簡単ですね。
実際に試した人が、英語を話せるようになっていない、というこです。
でなければ、もっと普及していて当然です。
だって、ずっと聞いているだけで英語ができるようになるのですから。

 

人はどうしても、楽な方に引き寄せられます。それが人間です。しかたありません。
でも、そういったものは基本的に「効果が無い」「罠だ」と思って間違いないと思います。

 

聞き流し英会話勉強法も、効果が無いからこそ、今ではあまり見なくなったのです。

 

もちろん、英語を常に聞いて、それを聞き流す、といったことでも、英語のリズムや発音を聞き取り易くなる、なんてことも聞いたことがあります。
ある一定の効果はあるのだと思います。

 

しかし、6ヶ月でペラペラしゃべれるようになる!なんてのは、かなり難しいといえるでしょう。
もしも喋れるようになったのであれば、その人はかなり努力をしたのだと思います。
英文法も自分で本を購入して、がんばって勉強したのだと思います。
しっかり勉強し「集中して」英語を聞いていたのだと思います。

 

聞き流して学習するのではなく「集中して英語を聞く」のは、非常に効果があるでしょう。
さらにはシャドーイングも、効率的な英語の学習方法とよく言われていますよね。
意識するの意識しないのとでは、天と地ほどの差があります。
もちろん、英語を聞いていて疲れることもあるでしょう。
しかし、定着率は大きな差がうまれてきます。
いくら楽でも、効率の悪い勉強方法は、私はおすすめできません。

 

聞き流して英語を習得する!なんて甘い考えはまず捨てましょう!
するとすれば、ALUGOのように、実際にネイティブスピーカーと話せるような教材を使いましょう!

 

最近では「音声変化」といったものが良くとりあげられています。
例えば、英語教材の「プライムイングリッシュ」。

 

 

例えば「体育」を「たいく」と話したり、「いいのではないか」を「いいんじゃないか」と話したり、無意識に言葉を変えて発音していると思います。このようなことは英語にも起こります。

 

これが、『音声変化』です。


英語教材「プライムイングリッシュ」より抜粋

 

こちらはCDとテキストで学習するタイプの教材となっていますが、音声変化にこだわった英会話教材となっています。
「6ヶ月で英語がペラペラ」といったことを目標にしています。

 

一日30分の勉強を6ヶ月間継続することで、そういった域に達することができるようです。

 

プライムイングリッシュの到達地点は、日常会話です。
残念ながら、ビジネスシーンで使う英会話としてはあまりおすすめはできません。
ビジネス英会話であればALUGOを使いましょう。

 

しかし「ALUGOのように、ビジネス英会話まで身に付けなくてもいい!」「もっと安く勉強したい!」といった人には、プライムイングリッシュもおすすめです。
値段的には税抜29,800円と、非常に安くなっていますからね。
ALUGOと比べても、値段が全く違うことが分かると思います。
自分がどのレベルの英語を習得したいかによっても、選ぶべき教材は変わってきます。

 

ALUGOもそうですが、英語の勉強はどうしてもお金がかかってしまうものです。
ALUGOでも、プライムイングリッシュでも、英会話スクールでも。
独学であれば、かなりの時間を要します。
その時間をお金に換算すれば、どれだけの金額になるでしょう…?
時は金なりです。
普段行っていることを効率よく行い、他の有意義なことに時間を当てることができれば、より充実した人生を送ることができるでしょう。

 

もしもTOEICで点だけ取りたい!ということであれば、ALUGOまでは手を出さなくていいでしょう。
TOEIC用の本を数冊買えば、700点まではすんなりいくと思います。
もちろん、それなりの勉強は必要となってきますが。

 

しかし、本当に使える英語力はTOEICだけでは測れないと私は思います。
あくまで必要なのは英会話。さらにいえば、ALUGOの得意分野であるビジネス英会話です。
ALUGOでなければ、そこまでのレベルに達することは難しいのではないでしょうか。

 

もしもALUGOを活用してみようか迷っている人がいれば、とりあえず登録だけでもしてみましょう。
ALUGOには返金サービスもあります。とりあえず使ってみて、ダメだったらALUGOを解約してしまってもいいんです。

 

「どうしようかな…。ALUGO、使ってみようかな…。」としり込みしてしまうと、そこから先になかなか進めません。
是非、まずはALUGOで第一歩を踏み出してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加